2月4日 立春 陽射しがうれしい



おはようございます。

2月4日 立春 暦の上では春になりました。
横手では小正月行事のかまくら、梵天が終われば春に向かうといわれています。

豪雪地帯の横手でも今年の雪は例年に比べて少なめな感じがします。

事務所から見た今日の横手市
tnCIMG4580.JPG

雪降ろしをしています。陽射しがあり作業はしやすいはずです。
少なめと思われる雪ですがそれでも 平年の80%ぐらいです。驚くほど少ないわけではありません。昨年までの4年程が多すぎでした。

雪の重さってどれくらいあると思いますか。
建築基準法では特定行政庁が雪が多いと定めた地域においては、雪1cmの積雪量に対して、1㎡あたり20N(ニュートン)の荷重があると規定されています。

N(ニュートン)と言う単位は、正確に言えば重さを表す単位でありません。あえてどれくらいの重さかというと、1Nは約100g。20Nですから、1㎡あたり1cmで2kg 100cmの1m3で200kgと考えなさいということになっています。

実際はどうなのかというと雪の状態によって重さが違います。新雪の場合はふんわりしていますので嵩の割には重くありません。自重で沈んだ雪は重くなります。

国の重要伝統的建造物群に指定されている増田町で防災計画策定しています。その中で昨年、計測した数値が317.5kg/m3です。

重さとしては1.5倍の数値です。かなりの重重さです。これが屋根の上にのっかています。
その数値で換算すると積雪深さが63cm位で200kgです。建築基準法で想定してある重さに達します。あんまり載せずに雪降ろしが必要ですね。

地球の温暖化で1月に雨が降る日があります。そうなると300kgが400~500kgにもなってしまいます。

おとといも地震がありました。屋根が重い状態で東日本大震災のような地震が起きたらとおもうと心配になります。

なにはともあれ、雪降ろしの事故にはくれぐれも気をつけましょう。

では、また