2月4日 立春 陽射しがうれしい


おはようございます。

2月4日 立春 暦の上では春になりました。
横手では小正月行事のかまくら、梵天が終われば春に向かうといわれています。

豪雪地帯の横手でも今年の雪は例年に比べて少なめな感じがします。

事務所から見た今日の横手市
tnCIMG4580.JPG

雪降ろしをしています。陽射しがあり作業はしやすいはずです。
少なめと思われる雪ですがそれでも 平年の80%ぐらいです。驚くほど少ないわけではありません。昨年までの4年程が多すぎでした。

雪の重さってどれくらいあると思いますか。
建築基準法では特定行政庁が雪が多いと定めた地域においては、雪1cmの積雪量に対して、1㎡あたり20N(ニュートン)の荷重があると規定されています。

N(ニュートン)と言う単位は、正確に言えば重さを表す単位でありません。あえてどれくらいの重さかというと、1Nは約100g。20Nですから、1㎡あたり1cmで2kg 100cmの1m3で200kgと考えなさいということになっています。

実際はどうなのかというと雪の状態によって重さが違います。新雪の場合はふんわりしていますので嵩の割には重くありません。自重で沈んだ雪は重くなります。

国の重要伝統的建造物群に指定されている増田町で防災計画策定しています。その中で昨年、計測した数値が317.5kg/m3です。

重さとしては1.5倍の数値です。かなりの重重さです。これが屋根の上にのっかています。
その数値で換算すると積雪深さが63cm位で200kgです。建築基準法で想定してある重さに達します。あんまり載せずに雪降ろしが必要ですね。

地球の温暖化で1月に雨が降る日があります。そうなると300kgが400~500kgにもなってしまいます。

おとといも地震がありました。屋根が重い状態で東日本大震災のような地震が起きたらとおもうと心配になります。

なにはともあれ、雪降ろしの事故にはくれぐれも気をつけましょう。

では、また



2月です。雪国よこて安全安心住宅普及促進事業


2月にはいりましたね。

横手はかまくらをはじめとする小正月行事が控えています。

雪国よこて安全安心住宅普及促進事業による住宅のリフォーム等の補助金が残りわずかとなったようです。予算がなくなり次第終了だそうですよ。

四国化成のカタログより

    tntesuri.jpg 

こんな手すり工事など簡易な工事であれば間に合うかな
何でも相談にのりますので鈴石設計にご連絡ください。












自分といえば今月は講習会の2月になりそうです。受講予定講習会等がこんな感じ

明日は住宅の取得・改修に関する支援制度等説明会(秋田市)
住宅性能評価員の講習で4日間(仙台市)
既存住宅現況調査技術者講習会(仙台市)
建築士会講習会 
そのほかに
高校2年生向けの製図のワークショップの手伝い等々 

そうしながら春を迎える準備をしていきます。
では、また



秋田県産材利用促進CO2固定量認証制度

  • 投稿日:2016年 1月28日
  • テーマ:

こんにちは

タイトルの意味ってわかりますか。

CO2の固定量って なに?と思いますよね

木が植えられて長い年月を要して 建物の柱や針の材料になります。その年月は50年以上かかります。

森林が成長するときにCO2を吸収して育ってきました。50年だとすると50年間分のCO2を吸収し、製材され柱や梁の建築材料になったとしてもその木の中に閉じ込められています。
これを「CO2の固定化」そしてその量を「CO2の固定量」といいます。

木で造られた家や建物はCO2を固定化した環境にやさしい家、建物といえるのです。
ただし、木材としてはそうであっても、外国から運搬したりすると燃料が必要になりCO2を排出します。

秋田県なら秋田県産材を利用すると運搬にかかる際のCO2の排出が防げて、県産材が使うことで需要がうまれ、森林保全、そして地球温暖化防止にもつながっていきます。

そこで秋田県では県産材の利用を促進することを目的として、県産材を一定量使用した建物の木材の二酸化炭素固定量を評価・認証する制度を創設しました。


昨年末に増築した税理士事務所がこの認定証をいただきました。
増築前
satou003b.JPG

5年前に右側を増築し、今回は三角屋根の部分を解体して増築
完成後
satou004c.JPG

前回は鉄骨の合わせ梁も使いましたが、構造材はほぼ秋田県産材を使用しました。
玄関ホールは、秋田杉のボーダー上に張り上げ、その他の壁は漆喰塗りで仕上げました。内装にふんだんに木材を使用したわけではないのですがこれだけの固定量として認定されました。

その認定書が
tnwco2.jpg


今回の建物は用途が事務所でしたので補助金などはありませんでしたが、住宅であればスギの乾燥製品を構造材の60%以上使用して、その他の補助対象の条件にあてはまれば新築の際には20万年の補助ももらえます。

ハウスメーカーや設計事務所、工務店でも取り組んでいく必要があることだと思います。

では、また



前の記事 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
  • 横手の家づくりなら鈴石にご相談ください。価格 費用 例 工事費 日数 格安 期間 値段
         内装リフォーム 高品質 安心価格 壁 クロス 壁 天井 工事費用  内壁塗装 心地良い
  • リフォーム相談会in横手市
なんでも相談室
  • なんでも相談室 鈴石設計 横手市 リフォーム
  • なんでも相談室 リフォーム 鈴石設計 横手市 
  • なんでも相談室 横手市 リフォーム 鈴石設計
  • なんでも相談室 リフォーム 鈴石設計 横手市
  • なんでも相談室 鈴石設計  リフォーム 横手市
  • なんでも相談室 横手市 リフォーム 鈴石設計
  • 家づくりの相談会 横手市
  • 住宅診断  横手市