平成29年度秋田市住宅リフォーム支援事業

  • 投稿日:2017年 4月25日
  • テーマ:

秋田市では既存住宅の居住環境の質の向上および建設業をはじめとした関連業界への経済波及効果を図るため、
市民が行う住宅の増改築やリフォーム工事に対し、5万円(※中心市街地活性化基本計画事業区域内の住宅は、
10万円)を補助されます。

1 受付期間

平成29年4月3日~平成30年3月16日(土日祝日を除く)
※対象予定戸数に達した場合、申請受付を終了する場合があります。

2 申請受付

8:30~17:15 秋田市役所 住宅整備課(本庁舎4階)

3 補助対象者

 市内に住所を有し、市税の滞納がなく、次のいずれかに該当する方

(1)自ら居住するため所有する住宅の増改築やリフォームを行う方

(2)配偶者、親(対象者の配偶者の親を含む)または子が所有し、自ら居住する住宅を増改築・リフォームする方

(3)親(補助対象者の配偶者の親を含む。)又は子が所有し、その所有者が居住する住宅のリフォーム等工事を行う者

(4)自らが所有する住宅で、親(対象者の配偶者の親を含む)または子が居住する住宅を増改築・リフォームする方

※東日本大震災に起因して市内に避難し、現に居住している方も利用できますので、ご相談ください。

4 補助対象住宅

(1)一戸建て住宅(住宅用の車庫および物置を含む。併用住宅の場合は、住宅部分の延べ面積の1/2以上であること)

(2)マンション等の共同住宅(自らが所有する居住の用に供する専有部分)

※この事業で以前助成を受けた住宅は対象になりません。

5 補助対象工事

次に掲げるすべてを満たす工事

(1)増改築やリフォーム工事に要する費用(消費税および地方消費税の額を含む)が50万円以上であること

(2)平成29年4月1日から平成30年3月30日までに工事が完了し完了実績報告書を提出できる工事であること

(3)市内に本店を有する建設業者等が施工する工事であること

次の工事は対象となりません

(1)公共工事の施行に伴う補償費の対象となる工事

(2)門および塀等の外構工事

(3)既に本事業の補助を受けた住宅の工事 など

※この事業の助成を受けられるのは、事業年度に係わらず一つの住宅について1回限りです。(自然災害に伴うリフォーム工事は除く。)

6 申請に必要な書類

◎補助金の交付申請の時

・補助金交付申請書兼市税納付に関する調査同意書

 ※通常の場合(5万円)(PDF91KB、エクセル48KB)

 ※中活区域内の場合(10万円)(PDF91KB、エクセル48KB)

・工事請負契約書または請書の写し

・工事内訳見積書の写し

・対象住宅の外観全景および工事部分の着手前の写真

・納税(完納)証明書(概ね一ヶ月以内に発行された完納を証明するもの)
 ※通常は必要ありませんが、滞納を理由とする不交付決定後の再申請の場合に必要です。
 ※納税(完納)証明書は、秋田市役所市民税課、駅東サービスセンター、北部市民センター、西部市民センター、南部市民サービスセンター、河辺市民サービスセンター、雄和市民サービスセンターの各窓口で申請し、交付を受けてください。なお、交付は平日のみとなりますのでご注意ください。

・住宅の居住者が申請書以外の場合は、申請者との関係および居住を証明する書面

・東日本大震災に起因して、避難している者であることがわかる書類および市内に居住していることがわかる書類(東日本大震災に起因して避難し、現に市内に居住されている方が申請者の場合)

・その他、市長が必要と認める書類(通常は必要ありません)

◎工事が完了したあと

・完了実績報告書)

・請求書

 ※通常の場合(5万円)

 ※中活区域内の場合(10万円)

・対象住宅の工事施工箇所の施工中および完了後の写真

・建築基準法による確認済証を受けた工事については検査済証の写し

・工事内容等に変更があった場合は、工事請負変更契約書の写しと変更後の工事内訳見積書の写し

・その他、市長が必要とする書類(通常は必要ありません)

7 補助金の額

補助額 5万円(中心市街地活性化基本計画事業区域内の住宅は、10万円)

対象予定戸数 2,500件

その他、申請の流れや申請書のダウンロードはこちらをクリックしてください。



横手市では安全で快適な住宅普及のため工事費用の一部を補助します

  • 投稿日:2017年 4月25日
  • テーマ:

平成29年度の受付は、平成29年5月8日スタートです

横手市では、安全で快適な住宅の普及を促進するため、一定の要件を満たす住宅の改修などを
行うものについて国の交付金を活用し工事費用の一部を補助されます。

平成29年度の受付は、平成29年5月8日より開始です。


また、補助金申請に係る住宅改修のご相談は
いつでも受付しておりますのでお気軽にご相談ください。

〇補助対象者

横手市民で次に掲げる要件(1)を満たす方、または(2)を満たす方。
(1)本人(配偶者含む)・親・子のいずれかが住宅を所有し居住している方で、本人及び同一世帯員が、市税等を滞納していない方
(2)横手市外に居住しているが、横手市内の住宅を所有し、改修後転居される方(実績報告時に住民票を確認します)

〇対象となる住宅

横手市内にある次に掲げるいずれかの要件を満たす住宅。
(1)一戸建ての住宅(住宅用車庫、物置含む(同一敷地内の別棟も可))。
(2)併用住宅(住宅部分の延べ面積が、建物全体の延べ面積の1/2以上であること。)
(3)マンション等の共同住宅(対象者の専有部分のみ)。ただし、賃貸住宅、空き家は除く。

〇対象となる工事

改修工事に要する経費(消費税含)が10万円以上の工事で、次に揚げる(ア)~(ウ)の工事。
(ア)雪対策の為の改修工事(落雪・無落雪型の屋根に形状を変える工事・
   屋根融雪設備の設置工事等)
(イ)バリアフリー化改修工事(段差の解消、手すりの取付工事等)
(ウ)省エネ・断熱化改修工事(二重サッシへ交換する工事、断熱材を充填す
   る工事等)
ただし、下記の工事を除く。
 1.公共工事の施行に伴う補償費の対象となる工事
 2.門・塀等、いわゆる外構工事
 3.他の補助制度を利用する場合で、当該補助制度で重複計上が認められ
   ない費用
 4.その他、補助金の交付が適当でないと認められる工事及び工事費用

〇工事業者

次に掲げる建設業者等と工事請負契約を締結し施工する工事であること。
(ア)市内に事業所を有する法人であって、横手市の法人市民税が課され滞納して
    いないもの
(イ)横手市民で市内に事業所を有し、市税等を滞納していない個人

【補助金の額】

補助対象工事に要する経費(諸経費を除く)の15パーセントに相当する額(千円未満切捨)。 ただし、当該補助金の合計額が30万円を超えるときは、30万円を限度とする。
また、申請に係る資料作成の費用に対しても、対象工事費により1万円~5万円を補助します。

【補助事業の期間】

平成29年5月8日から平成30年2月28日(※)まで
(※)事業実績報告書の提出ができること(必着)
ただし、申請の受付は、予算がなくなり次第締め切りになります。

詳細や申請書のダウンロードはこちらをクリックしてください

平成29年の各市町村リフォーム補助金

  • 投稿日:2017年 3月29日
  • テーマ:

こんにちは

今週末から新年度4月に入ります。各市町村でもリフォーム補助金の申し込みが始まります。
横手市近郊の市町村は次のとおりです。リンクもしておきますのでご覧になってください。

横手市 平成29年度雪国よこて安全安心普及促進事業 4月以降に市のホームページで告知予定です。
    4月20日以降の工事契約書でなければ有効でありませんので注意してください。

大仙市 平成29年度大仙市住宅リフォーム支援事業 4月3日から申請受付が始まります。

湯沢市 純粋なリフォーム補助金は内容です。昨年は湯沢市空き家改修事業補助金という制度がありました。

仙北市 平成29年度仙北市住宅リフォーム促進事業 4月3日から申請受付が始まります。

由利本荘市 まだ発表されていません 昨年は由利本荘市住宅リフォーム支援助成事業として行われていました。

美郷町 まだ発表されていません 昨年は美郷町住宅リフォーム緊急支援事業として行われていました。

秋田市 平成29年度秋田市住宅リフォーム支援事業 4月3日から申請受付が始まります。

各市町村と秋田県のほかに 該当すると「住まい給付金」・「住宅ストック循環支援事業補助金」などがありますので該当するかご確認ください。

不明な際は鈴石設計にお尋ねください。また、情報が更新したらお知らせします。






前の記事 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
  • 横手の家づくりならご相談ください。中古住宅 リフォーム 診断 横手
  • リフォーム相談会in横手市
なんでも相談室
  • なんでも相談室 鈴石設計 横手市 リフォーム
  • なんでも相談室 リフォーム 鈴石設計 横手市 
  • なんでも相談室 横手市 リフォーム 鈴石設計
  • なんでも相談室 リフォーム 鈴石設計 横手市
  • なんでも相談室 鈴石設計  リフォーム 横手市
  • なんでも相談室 横手市 リフォーム 鈴石設計
  • 家づくりの相談会 横手市
  • 住宅診断  横手市