湯沢市空き家改修事業補助金

  • 投稿日:2017年 5月23日
  • テーマ:


市では、湯沢市空き家バンクに登録された空き家を利用して市外から移住し、定住しようとする方を支援するため、空き家の改修に係る経費の一部を助成します。
詳しくは、ひびく・つながる創造課(電話0183-55-8274)へお問い合わせください。

助成を受けられる方

1.申請日において、市外から転入して1年に満たない方、または市外から移住しようとする方
2.市外から転入して1年に満たない方、または市外から移住する方に賃貸するため、空き家バンクに登録した空き家の改修工事を行う所有者
3.空き家の所有者、またはその配偶者の法定相続人でない方
4.市町村税を滞納していない方
5.暴力団密接関係者でない方

助成の対象となる物件及び工事

1.空き家バンクに登録された空き家で、売買契約もしくは賃貸借契約が成立し、または締結予定である空き家。
2.過去にこの補助金を受けていない空き家(当該補助の対象となった部分に限ります)。
3.空き家に居住するために必要な改修工事であること。
 例:屋根・雨どい・柱・外壁等の修繕、塗装等の外装工事、床・内壁・天井等の内装替え、畳の取替え等の内装工事、トイレ・風呂・台所の改修等の給排水工事 など
4.工事に要する費用が20万円以上であること。
5.その他の留意事項
 ・小規模修繕等契約登録者名簿又は建設工事等入札参加有資格者名簿(市内業者)に登録された業者が施工する工事であること。
 ・年度内に着工及び完了できる工事であること。
 ・敷地造成、門、塀その他の外構工事や、物置、車庫等の附属設備の修繕、設置工事等は対象外となります。
詳しくは、ひびく・つながる創造課へお問い合わせください。

助成金の額

・売買の場合 改修費用の2分の1以内 上限額100万円
 ただし、中学生以下の子どもがいる世帯の場合 上限額120万円
  
・賃貸の場合 改修費用の2分の1以内 上限額50万円
 ただし、中学生以下の子どもがいる世帯の場合 上限額60万円

申請の方法

改修工事に着手する前にひびく・つながる創造課へ次の書類をご提出ください。
○様式第1号 空き家改修事業補助金交付申請書
○様式第2号 誓約書兼同意書 (第4条第1項第1号・第2号)
○様式第2号 誓約書兼同意書 (第4条第1項第3号)
○売買契約書又は賃貸借契約書の写し(契約予定の場合は、様式第3号 契約予定証明書
○住民票の写し(申請者本人分)
○工事請負契約書又は請書の写し、工事内訳明細書の写し
○改修前の写真
○建築基準法第6条第1項又は同法第6条の2第1項の規定による確認が必要な場合は、確認済証の写し
○市町村税を滞納していないことが確認できる書類
○その他市長が必要と認める書類


申請した改修工事の内容に変更があったとき、改修工事を取りやめたいとき

申請内容に変更があったとき、工事を取りやめたいときは、ひびく・つながる創造課にご相談いただき、次の書類をご提出ください。
○様式第6号 空き家改修事業補助金交付変更申請書
○様式第7号 空き家改修事業補助金中止(廃止)承認申請書

工事完了の手続き

改修工事完了後は、次の書類をひびく・つながる創造課へご提出ください。
○様式第8号 空き家改修事業補助金完了実績報告書
○補助対象工事に係る領収書の写し
○当該空き家に入居後の住民票の写し(世帯全員)
○改修中及び改修後の写真
○確認済証の交付を受けた場合は、建築基準法第7条又は同法第7条の2の規定に基づき交付された検査済証の写し
○建物の登記簿謄本(空き家を購入し、改修した方)
○その他市長が必要と認める書類

補助金の請求

実績報告書を提出し、補助金の額が確定した際は、次の書類をひびく・つながる創造課へご提出ください。
○様式第10号 空き家改修事業補助金交付請求書