• HOME
  • ブログ
  • 横手市では安全で快適な住宅普及のため工事費用の一部を補助します

横手市では安全で快適な住宅普及のため工事費用の一部を補助します

  • 投稿日:2017年 4月25日
  • テーマ:


平成29年度の受付は、平成29年5月8日スタートです

横手市では、安全で快適な住宅の普及を促進するため、一定の要件を満たす住宅の改修などを
行うものについて国の交付金を活用し工事費用の一部を補助されます。

平成29年度の受付は、平成29年5月8日より開始です。


また、補助金申請に係る住宅改修のご相談は
いつでも受付しておりますのでお気軽にご相談ください。

〇補助対象者

横手市民で次に掲げる要件(1)を満たす方、または(2)を満たす方。
(1)本人(配偶者含む)・親・子のいずれかが住宅を所有し居住している方で、本人及び同一世帯員が、市税等を滞納していない方
(2)横手市外に居住しているが、横手市内の住宅を所有し、改修後転居される方(実績報告時に住民票を確認します)

〇対象となる住宅

横手市内にある次に掲げるいずれかの要件を満たす住宅。
(1)一戸建ての住宅(住宅用車庫、物置含む(同一敷地内の別棟も可))。
(2)併用住宅(住宅部分の延べ面積が、建物全体の延べ面積の1/2以上であること。)
(3)マンション等の共同住宅(対象者の専有部分のみ)。ただし、賃貸住宅、空き家は除く。

〇対象となる工事

改修工事に要する経費(消費税含)が10万円以上の工事で、次に揚げる(ア)~(ウ)の工事。
(ア)雪対策の為の改修工事(落雪・無落雪型の屋根に形状を変える工事・
   屋根融雪設備の設置工事等)
(イ)バリアフリー化改修工事(段差の解消、手すりの取付工事等)
(ウ)省エネ・断熱化改修工事(二重サッシへ交換する工事、断熱材を充填す
   る工事等)
ただし、下記の工事を除く。
 1.公共工事の施行に伴う補償費の対象となる工事
 2.門・塀等、いわゆる外構工事
 3.他の補助制度を利用する場合で、当該補助制度で重複計上が認められ
   ない費用
 4.その他、補助金の交付が適当でないと認められる工事及び工事費用

〇工事業者

次に掲げる建設業者等と工事請負契約を締結し施工する工事であること。
(ア)市内に事業所を有する法人であって、横手市の法人市民税が課され滞納して
    いないもの
(イ)横手市民で市内に事業所を有し、市税等を滞納していない個人

【補助金の額】

補助対象工事に要する経費(諸経費を除く)の15パーセントに相当する額(千円未満切捨)。 ただし、当該補助金の合計額が30万円を超えるときは、30万円を限度とする。
また、申請に係る資料作成の費用に対しても、対象工事費により1万円~5万円を補助します。

【補助事業の期間】

平成29年5月8日から平成30年2月28日(※)まで
(※)事業実績報告書の提出ができること(必着)
ただし、申請の受付は、予算がなくなり次第締め切りになります。

詳細や申請書のダウンロードはこちらをクリックしてください