既存住宅現況検査(住宅の健康診断)10

  • 投稿日:2016年 6月10日
  • テーマ:

既存住宅現況検査についての最終回となりました。
今回は設備や共通事項についてです。


設備配管(給水管・給湯管)
(1)給水管・給湯管の発錆による赤水
(2)給水管・給湯管からの漏水

(1)は水栓から赤水が確認されるということは給水設備が正常に保全されいないこと。飲料に適さないことになりますのでこれは劣化事象になります。
(2)は器具や配管の接続部分から漏水、漏水した痕跡が発見された場合は漏水の量に関わらず劣化事象になります。ただ、蛇口などからの漏水でパッキン等の交換で修理できる場合は劣化事象としては扱いません。

赤水などは透明なガラスや白の紙コップを用いて検査をします。

検査箇所には水道メーターでも確認します。配管途中、埋設部分での漏水があるかもしれません。蛇口等を閉めてメーターに動きがないか確認します。
これらを検査を巣ということは検査物件で通水であることが必要ですので事前にお願いしておくことが大切ですね。


給水の後は排水です。

(1)排水の滞留
(2)配水管の漏水

排水が滞留するということは配管の勾配が原因であったり、配管の詰まりなどによるものもあります。台所、洗面所、浴室の水栓を全開にしたときに、
器具からあふれだしそうになる滞留が確認された場合は劣化事象に該当します。

大便器の洗浄水を流したときに便鉢の水面が上昇したりする異常がないか確認します。またタンクへの給水状況も確認します。

設備器具のトラップ部分において漏水や漏水跡がないかも確認します。

設備といえば換気扇や換気ダクトについても検査をします。そのためには通電されていることが大事です。

異音が出ていないか確認します。浴室では天井点検口から確認します。目視可能な範囲で行いますがライト等の準備が必要です。
スイッチの入り、切りなど確認します。


これで既存住宅現況検査に10回で説明しました。

次回からはホームインスペクションについて説明して行きます。
それというのも既存住宅現況検査といったり、ホームインスペクションといったりそれはなにを示しているかわかりにくい状況です。

鈴石設計として業務としているホームインスペクションについてです。