平成28年度横手市リフォーム補助金について



ゴールデンウィークが始まりましたね。いかがお過ごしですか。

住宅瑕疵担保保険の検査業務をしていますが、さすがに休日には検査はないのですが、休日合間の日にはまとめて検査が入っています。
昨年より雪が少なかったせいか着工や工事の進み具合が少しだけ早いようようです。

お待たせしました。横手市のリフォーム補助金雪国よこて安全安心住宅普及促進事業の補助申請が5月9日から始まります。

詳しくは横手市の雪国よこて安全安心住宅普及促進事業のホームページをご覧ください。
27年度と大きな違いはないようですが、気づいたところがひとつありました。

バリアフリー化改修工事の(1)です。
(1)通路又は出入口の幅を有効幅で80㎝以上に拡張する工事となっていますが、昨年は75cm以上でした。
通路の巾や入り口の巾を80cm以上することは、なかなか大変な工事になります。在来工法といわれる住宅の基本的な柱と柱の間は91cmです。
柱の巾を差し引くと91cm-10.5cm=80.5cmですからドア交換やだけでこの巾は確保できません。根本的な見直しと計画をした大掛かりな工事になってしまうことになります。
ちょっと注意が必要です。

その他の内容は昨年と変わっていないようです。

また、昨年同様な補助事業が木造住宅耐震改修等補助事業です。
対象物件は昭和56年5月31日以前に着工した修宅の改修や改築する場合に対象になる可能性がありますのでこちらもご覧ください。
なぜ、昭和56年5月31日以前かというと建築基準法が昭和56年6月1日に改正され、耐震基準が新しくなりました。(新耐震基準と呼ばれています。) 昭和56年5月31日以前に建築確認を受けた建物は新耐震基準を満たしていないため、この時点を境界と定めています。

その後、平成12年6月にはさらに耐震対する法的規制が増えていますのでご注意ください。耐震診断と同時に、既存住宅現況検査を行うことも有効です。

耐震診断を行う技術者としてホームページには秋田県が策定し、公開していた木造住宅耐震診断・改修技術者名簿も確認することができます。
私も登録してありますので、ご遠慮なく相談してください。
ホームページからメールでも結構です。鈴石設計は完全にお休みするのは5月5日のみです。事前にご連絡いただければ、住宅相談もお受けします。

それではみなさん、良い連休をお過ごしください。