既存住宅現況検査(住宅の健康診断)08



既存住宅現況検査の続きです。内部の2回目です。

内壁・柱(構造)

上記の箇所について構造上問題になるようなひび割れや欠損箇所等を目視により検査します。

(1)下地まで到達するひび割れ、欠損、浮き、はらみ、剥落
(2)柱・壁における6/1000以上の勾配の傾斜
(3)柱の著しいひび割れ、劣化、欠損

(1)壁の下地材にひび割れや亀裂賀見られる場合は構造材に劣化に起因する恐れがある場合にが想定されます。
(2)6/1000の勾配の傾斜 これだけの傾斜があれば、専門家でなくても目視でもわかります。施工精度考慮したとしても明らかに注意の必要な傾斜です。
  ちなみに、新築工事の瑕疵保険での傾斜は3/1000となっています。これだけの傾斜があれば、傾斜そのものも大事なのですがその傾斜が何に起因するものかが問題になります。

柱の背割り等を除く、著しいひび割れも劣化事象に該当します。

ここでの検査には水平器、レーザーレベル、メジャーなどを使用します。

レーザーレベルは傾きをミリ単位で表示してくれます。柱や床にあてて計測します。レーザーレベルは部屋全体を総合的に計測する際に重宝します。

当社では以下の機器を使用しています。

tnLEVEL350.JPG

シンワのブルーレベル水平器 デジタル350mm

気泡管 感度 0.35mm/m=0.0201°
精度 ±1mm/m=±0.0573°以内
デジタル
表示精度
0°・90° 角度:±0.1°
0°・90°以外 角度:±0.2°
デジタル表示最小表示 立ち上がり:1mm/M
角度:0.1° 勾配:0.1%
使用電池 9V1個
(付属の電池はモニター用のため、寿命が短い場合があります。)
電池寿命 20時間:アルカリ電池使用時
(バックライト点灯・ブザーが鳴り続けた時)
使用温度 0~50℃

レーザーレベルはグリーンレーザーのFUKUDA EK-486Gの5ラインを使用しています。

tnEK468G.JPG


次回は床、床組み・土台についてです。