秋田県産材利用促進CO2固定量認証制度

  • 投稿日:2016年 1月28日
  • テーマ:

こんにちは

タイトルの意味ってわかりますか。

CO2の固定量って なに?と思いますよね

木が植えられて長い年月を要して 建物の柱や針の材料になります。その年月は50年以上かかります。

森林が成長するときにCO2を吸収して育ってきました。50年だとすると50年間分のCO2を吸収し、製材され柱や梁の建築材料になったとしてもその木の中に閉じ込められています。
これを「CO2の固定化」そしてその量を「CO2の固定量」といいます。

木で造られた家や建物はCO2を固定化した環境にやさしい家、建物といえるのです。
ただし、木材としてはそうであっても、外国から運搬したりすると燃料が必要になりCO2を排出します。

秋田県なら秋田県産材を利用すると運搬にかかる際のCO2の排出が防げて、県産材が使うことで需要がうまれ、森林保全、そして地球温暖化防止にもつながっていきます。

そこで秋田県では県産材の利用を促進することを目的として、県産材を一定量使用した建物の木材の二酸化炭素固定量を評価・認証する制度を創設しました。


昨年末に増築した税理士事務所がこの認定証をいただきました。
増築前
satou003b.JPG

5年前に右側を増築し、今回は三角屋根の部分を解体して増築
完成後
satou004c.JPG

前回は鉄骨の合わせ梁も使いましたが、構造材はほぼ秋田県産材を使用しました。
玄関ホールは、秋田杉のボーダー上に張り上げ、その他の壁は漆喰塗りで仕上げました。内装にふんだんに木材を使用したわけではないのですがこれだけの固定量として認定されました。

その認定書が
tnwco2.jpg


今回の建物は用途が事務所でしたので補助金などはありませんでしたが、住宅であればスギの乾燥製品を構造材の60%以上使用して、その他の補助対象の条件にあてはまれば新築の際には20万年の補助ももらえます。

ハウスメーカーや設計事務所、工務店でも取り組んでいく必要があることだと思います。

では、また



鈴石設計 ノベルティ試作品完成

  • 投稿日:2016年 1月26日
  • テーマ:

1月20日、天気予報とはうらはらに先ほどまで日差し射し込んでいました。

2016年鈴石設計のノベルティを作りました。

住宅相談で事務所に来てくれた方やお問合せをしてくれた方に差し上げます。

CIMG4537.JPG

こんなふうに使います。
CIMG4535.JPG

ブックマーカーです。

かまくらの形をしたものはだいぶ前に作りましたが、今回は左側を製作。
鈴石設計のロゴの切り抜きを入れたものです。

これにホームページのアドレスを入れて、補強と汚れ止めのスプレーをして完成

アドレスのスタンプでも作るかな

ではまた