会社案内

代表挨拶

一級建築士事務所 鈴石設計 代表取締役の鈴石博実です。

心地よさの提案のために一級建築士となり、横手市で建築設計事務所を開設し、平成10年の法人化により株式会社鈴石設計として、今日を迎えることができました。

四半世紀を超えた月日に多くのお客様と出会い、仕事を通じて心地よさの提案をしてまいりました。

事務所開設当初はデリバリーピザ店舗展開、エステティックサロンの店舗展開などから始まり、住宅、老人福祉施設、事務所ビル、マンション、回転鮨店舗などの設計監理業務を行ってまいりました。

住宅瑕疵担保保険の検査員として、年間200件を超える検査業務を行っております。この経験を活かそうと既存住宅現況検査技術者登録と日本ホームインスペクター協会に会員登録を行いホームインスペクション(住宅診断)事業を始めました。

家を買うとき、売るとき、または自宅の点検等に住宅の状態を調査します。劣化の状況や、欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期や費用についてアドバイスを行い、リフォーム等のお手伝いをいたします。

住宅の新築、増改築、リフォーム様々なご要望にお応えできるよう体制を整えております。
消費税増税にともなう国、県や市町村の施策による補助金と減税、長期固定金利住宅ローン【フラット35】などの上手な利用をして、快適な住まいづくりのお手伝いをいたします。

リフォームや補助金、住宅診断など、家のことなら何でも、どんなことでもお気軽にご相談ください。

これまで一級建築士、ホームインスペクター(住宅診断士)として多くのリフォームに携わってきた私が、横手市の家づくり、リフォームの疑問にお答えします。






企業理念

弊社のロゴマーク作成の際に影響を受けた「書」があります。

音楽が音響の建築であるなら
建築は構造の音楽である
前者が無形の建築ならば
後者は有形の音楽である

それは長崎平和記念像で知られ、昭和62年、104歳で亡くなられた彫刻家の北村 西望(きたむら せいぼう)の書です。

写真は建築士会連合会と当時、秋田県建築士会の中村 豪会長に宛てて書かれた色紙(複写)ですが、この書の要素をロゴに取り入れたいと思っていました。



平成10年、法人化にともない自作したロゴマークがこちらです。

建物を表した正方形の中にある二組の五本の線は楽譜の五線を表し、五線そのものと五線で囲まれた部分で3個のSを表現してあります。

ひとつのSは建築構造の英語Structureを意味し、二つ目のSは鈴石のSです。三つ目のSはサービスのSであり、面積を表すS(Surface area)でもあります。もちろん正方形のsquareのSでもあります。

建築の中で音楽が生まれるように、住む人・使う人にとって喜びや心地よさを奏でられるようなお手伝いをしたいという想いを込めました。

黄色は有彩色の中で一番明るい色です。光や太陽をイメージします。

気分を明るくして、心を弾ませて楽しい気分にさせてくれるのでコミュニケーションを円滑にしてくれます。

SUZUISHIを表現したマークは上下対象です。
それには、相手の立場に立って、柔軟な目線で建築とお客様に関わろうという意思の表現であり、その結果が心地よさの提案につながることを願っています。



会社概要

株式会社鈴石設計
鈴石 博実
〒013-0033
秋田県横手市旭川3丁目3-43-301
0182-32-3187
info@suzuishi.com
9:00~17:00
日曜、祝日
リフォーム
増改築
建築設計
住宅診断
一級建築士
ホームインスペクター
二級福祉住環境コーディネーター
CASBEE戸建評価員
既存住宅現況検査技術者
秋田県ヘリテージマネージャー(歴史文化遺産活用推進員)
増田まちなみ研究会会長
横手市観光連盟専務理事
(一社)横手市観光協会副会長
法人化:平成10年
事務所登録:昭和62年11月
一級建築士事務所登録:秋田県知事登録13-10A-0955
一級建築士:国土交通大臣登録 第192186号



アクセスマップ


  • 横手の家づくりならご相談ください。中古住宅 リフォーム 診断 横手
  • リフォーム相談会in横手市
なんでも相談室
  • なんでも相談室 鈴石設計 横手市 リフォーム
  • なんでも相談室 リフォーム 鈴石設計 横手市 
  • なんでも相談室 横手市 リフォーム 鈴石設計
  • なんでも相談室 リフォーム 鈴石設計 横手市
  • なんでも相談室 鈴石設計  リフォーム 横手市
  • なんでも相談室 横手市 リフォーム 鈴石設計
  • 家づくりの相談会 横手市
  • 住宅診断  横手市